貸切バスを利用するのに必要なマナー

お金を出して貸し切っているからと言って、お酒の飲みすぎには注意しましょう。特に後部座席が宴席のようになっているバスもあります。こうした形状だとどうしてもお酒が進むことになりがちですが、万が一、アルコールをこぼしてしまったり、または気分が悪くなったりした場合にマナーとして周りの人に迷惑をかけることになりかねません。団体としての品位を疑われることになってしまいます。もちろん、楽しいお酒がのめるからこそ貸切バスのメリットがあるのでしょうが、限度をわきまえた上で飲酒をするように心がけましょう。

どうしても、長時間移動になると飲食の時間も増えたり、カードゲーム等の退屈しのぎを行うことも出てくると思います。もちろん、全く問題はないのですが散らかさないことは大前提にしましょう。いかに貸切バスとはいえ、そこで散らかしたがために紛失物が出てバス会社に迷惑をかけたり、特別なクリーニングが必要な汚れを出すと費用の問題にもかかわってくることがあるからです。大人であれば、心得ているとは思いますがこれも最低限のマナーです。

団体で動くことになるのでもちろんのこと、遅刻は厳禁です。特に貸切バスでの移動ともなれば、様々なスポットをまわることもかんがえられるため、一人の遅刻のために全体の工程が狂うことになり、大きなトラブルにもなりかねません。バス会社だけではなく、訪問予定地への連絡、宿泊施設への連絡、またはバス会社に追加で時間をお願いすることになれば、顧客側の不備ということで追加料金ということにもなりかねません。当たり前のことですが、しっかり時間は守りましょう。

団体で気の許す仲間たちと貸切バスで移動となれば、会話も弾めば、飲食も弾みます。どうしても食べかすなどを落としかねないという恐れが出てきます。もちろん、多少は構わないかもしれません。乾き物であれば、拾えば済むわけですから。しかし、アルコールや液体には十分注意しましょう。間違ってこぼしてしまった場合、または汚れが落ちない場合には料金が発生することもあり、結果的にマイナスにはたらいてしまいます。いかに楽しい行程でもしっかり、節度を持って行動しましょう。

同じバスの中で移動することになれば、どうしても運転手にも近親感を覚えることもでてくるでしょう。しかし、ふいに話しかけたりすることは厳禁です。貸切バスの運転手さんは何といっても、全員の命を預かる立場にあり、会社側からも私語は慎むように指導されているものです。どうしてもお客様から話しかけられると無視するわけにもいきません。その気遣いから逆に運転手さんが会社から指導されることもあれば、交通事故の可能性も生んでしまうわけです。以上のことから運転中に運転手さんには話しかけないようにしましょう。