マナーを守って貸切バスを利用しよう

バス1台をまるまる借り切って、移動手段として使う事ができるサービスが「貸切バス」です。大人数での団体旅行の移動時間を、自由に快適に過ごせて便利な貸切バスですが、当然利用者にはマナーが求められます。あくまでもバスを「借りる」だけであって「買う」わけではありません。広々としたバスの車内スペースですが、「次の利用者の事も考えて」利用したいものです。

例えば、バスの中に私物を散らかすのはやめましょう。どの私物が誰のものか分からなくなったり、うっかりバスの中に私物を忘れてしまう恐れもあります。そんな物がバスの中に残っていたら、次に利用する人、あるいはバスの中を掃除する人に迷惑です。散らかさないようにしましょう。いくら「貸切バス」とはいえ、その車内でのマナーは普通のバスと大差ありません。常識的な行動をしましょう。

バスの運転中に車内をうろうろと歩くのはやめましょう。電車とは違い、バスは道路を走りますから、交通事情次第で急ブレーキをかける事もあり得ます。その時に車内をうろうろと歩いていたら、急ブレーキの勢いで前方に吹っ飛ぶ事になります。高確率でケガをしますから、貸切バスとはいえ、運転中は自分の席を離れない範囲で動きましょう。貸切バスは大きなバスの車内を仲間達で独占できて、なんだかとても楽しくなります。他の交通機関とは違って、もうやりたい放題できる気分になってしまいますが、常識の範囲内でとどめましょう。

バスの車内で大声で喋るのは、ある程度なら良しとしましょう。くれぐれも運転手さんの運転の邪魔にならないレベルに抑えてくださいね。絶対にやってはいけないのは、窓を開けて大声で喋る事です。これはバスが走っている場所の周囲の方々の迷惑になります。窓を開けるならばまず運転手さんに一声かけて、かつ大声で喋るのもやめましょう。貸切バスは、集合場所から目的地まで大人数の団体を移動させてくれます。集合場所も目的地も自由に選べて非常に便利ですが、だからこそ遅刻は厳禁です。貸切バスの強みは、「大人数を同時に移動させる事ができる」点にあります。一人でも遅刻者がいると、幹事の方が困る事になります。それに加えて、もっと困るのがバス会社の方、特に運転手さんです。あちらにも運転のスケジュールがありますから、予定通りに出発できないという事は、身内に迷惑がかかる、で済む問題ではないのです。

貸切バスを利用する場合には、そのバスに乗車する団体全員の常識が求められます。マナーを守って行動しないとその団体の他の参加者、さらには赤の他人に迷惑をかける事になります。そうなったら、折角の楽しい旅行の雰囲気が台無しです。貸切バスの車内では、仲間と気軽に快適な空間を利用する事ができます。だからこそ、お互いに勝手な行動をせず、マナーを守って快適に利用しましょう。あまりにもマナーが守れないと、そのバス会社を次回から利用できなくなる恐れもあります。旅行に関わる全ての人が快適に過ごせるように、マナーは絶対に守りましょう。